妊活時から準備しておきたい妊娠中から起こりやすい口臭対策!

妊活って、生まれてくるためにいろいろがんばるものだけど、妊娠してから起こりやすいトラブルに対して予防対策も行っていくことも大切なことって知ってますか?

妊娠すると新たな生命を宿すため、体のバランスが目まぐるしく変化します。

今回は、その変化によって起こりやすい口臭の悪化とその予防対策についてご紹介します!

妊娠中は唾液の量が減少し、酸性が強くなる

妊娠中に特に起こりやすいのがホルモンバランスの変化。

それによって唾液の量が普通のときよりも比べ減少してしまいます。

唾液には、口中の細菌の量を減らしてくれたり、歯や下についた汚れを取り除いてくれる効果があるので、その役割が減少してしまうことに繋がりますよね。

特に口が乾いてしまうと、より細菌が住みやすい環境になってしまい、口臭が増加してしまうわけです。

さらに、妊娠時に必要なホルモンの増加によって口中のph(ペーハー値)が変わるのも悪影響に。

もともと唾液はph10以上のアルカリ性の性質を持っていますが、妊娠中はそれが5.5くらいの酸性になってしまうことが多く、歯が溶けやすく、虫歯になりやすくなります。

虫歯ができると、歯肉炎や歯槽膿漏の遠因にもなってしまうので、妊活中からしっかりと予防対策することが大切です。

妊活中からやっておきたい対策法

このように妊娠中に口臭がきつくなってしまう原因は逃れられるものでもないため、妊活中からしっかりと予防対策をすることで、その被害を軽減することができます。

虫歯や歯周病は今のうちに治しておく

妊活時点で虫歯があったり、歯周病があると歯医者さんに言われた…という場合はいち早く治しておきましょう。

唾液の量の減少にも負けない歯を今のうちに作っておくことが大切です。

妊娠中だと、歯医者さんに行くことすら億劫になりますし、できる治療にも制約がでてくる可能性もあります。

それに、生まれくる赤ちゃんに将来的に授乳などで触れ合う機会が多くなるので、悪いところは今のうちに治すべきです。

歯磨き粉はあらゆる細菌を撃退してくれるものに変える

ハミガキをいつもより念入りにしておきたいのはもちろんですね。

毎食後が理想といわれていますが、出来ない場合は、せめて食後にうがいをして歯垢が溜まる原因を取り除いておくだけでも効果は違います。

また、市販の歯磨き粉では、口の中に繁殖するいろいろな細菌類を除去できない可能性があります。

特に増えやすい環境になる妊娠中にいきなり変えるとつわりでうまく馴染めない場合もあるので、妊活中から細菌類をしっかり撃退してくれる歯磨き粉に慣れておくことが必要です。

オススメの歯磨き粉はトゥースMDホワイトEXというアイテム。

もともとは歯を白くするための歯磨き粉でちょっと値段はお高いのですが、歯垢の塊であるバイオフィルムを根こそぎ落としてくれるほか、虫歯の原因菌であるミュータンス菌や口臭の原因になるガンジダ菌も殺菌してくれる成分が一度に入っています。

豊富な配合成分で、口臭の原因を撃退してくれるほか歯も自然に白くできるのでホワイトニングも考えている方には特にオススメです!!

トゥースMDホワイトEXを使った効果は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です